水の○○

 

の美容効果

の力で美しくなる

赤ん坊や子供のようなスベスベしたみずみずしいはだは、年齢とともに失われ、肌はカサカサ、吹き出物やシミ、しわなどが増えていきます。年齢の証拠でもある小じわは、細胞内の水分が減って皮下組織が縮んでしまうことでできてしまいます。吹き出物なども水分の新陳代謝がうまくいってない証拠です。つまり、美容にも水が関係しているのです。こういった現象は体内が酸化していくことも原因の一つとされており、体内に余分に溜まった活性酸素を水素水で流し出してくれる効果があると最近発見されました。水素水の効果は体内の酸化を抑制してくれるのでお肌の老化抑制につながります。是非、試して見たいです。

何よりも血液が乱れてくることが美容の最も基本的な敵です。皮膚組織を作っているのは赤血球であるので、きれいな血液こそが美しい肌をつくる大きな力になるのです。血液の90%は水ですから水を良いものに取り替えることが第一歩です。

の代わりにはなれない

水代わりにジュースやコーヒーを飲む人もいますが、それでは糖分の取りすぎとなり、逆に肌を傷めてしまいます。また、こうした飲料水は大量に飲めないのが普通ですから、どうしても水分補給自体が少なくなります。そのため、便秘がちになったり、尿が少なくなったりすることにより、体に毒素が溜まり、肌にダメージが溜まってしまいます。さらに水道水では塩素や化学物質が清涼飲料水では食品添加物が肌を傷める原因になっていることもあります。

また、最近ではアルコール・ベースの商品が主流だった化粧水も、ウォーターベースのものが増えてきました。揮発性が高く肌の水分を奪うアルコールよりも、刺激の少ない水のほうが、美顔になるにはふさわしいと言えます。

の髪や肌に与える効果

一番風呂に入ると肌にピリピリと感じる人がいます。しかし、何人か入った後では、そんなことはないと言います。これは最初に入った人が水道水のカルキの刺激を受けているせいで起きます。このカルキはコップに入れた水道水に指を入れてかき混ぜたり、ビタミンCのあるレモンや錠剤を投入すると半分以下になります。

肌の表面には脂肪分などによって生まれた皮脂膜があります。この皮脂膜は、外敵などからたんぱく質を守ってくれます。また、肌の表面には皮脂を食べる常在菌があって、その菌の代謝物も外敵からたんぱく質を守ってくれています。健康な肌の常在菌は善玉菌で占められており、良好な肌を維持していますので、お風呂やシャワーなどでピリピリと感じることはないかと思います。

余談ではありますが、肌は弱酸性といいますが、これは皮脂膜と代謝物によるもので、洗顔しても弱酸性に藻泥と言われています。

一方、髪の毛の表面にはたんぱく質からなる毛小皮、キューティクルで覆われています。その層は10層ほどあると言われていますが、肌のように脂肪分は出さないので残留塩素の影響は受けやすいので、注意が必要です。残留塩素はキューティクルを剥がしやすくするため、髪にゴワゴワ感やパサツキ感が生まれ、痛みやすくなります。

肌の過敏な人は残留塩素の対策が必要となるでしょう。その残留塩素とはたんぱく質と結合しやすく、結合すると活性酸素となりその細胞を破壊する働きがあります。金魚などが水道水で死ぬのはこのためです。普段の水道水を使っていても、洗い物で手が荒れるのはこういったことから肌を守る膜や菌が消えて、直に細胞をしげきするためです。そうなると遺伝子レベルでの障害であるシミ、そばかす、炎症を与えてしまうので注意しましょう。

SECOMからお風呂の残留塩素が除去する浄水器が出ています。どうしても必要な敏感肌の人は、問い合わせてみるのもいいでしょう。

check

HIS
http://www.his-j.com/
ipad 修理
http://www.ipad-castle.com/

Last update:2015/1/7

 
インデックスへ
水の歴史へ
水のある生活へ
水の影響へ
水の味へ
水の美容効果へ
水の怒りへ
水の豆知識

リンク


リンク


リンク



Copyright (C) 水の○○. All Rights Reserved.