水の○○

 

の影響1〜人体〜

の大切さ

よく知っていることでしょうが、人間の体の約60%は水だと言われています。新生児だとさらにその比率は高く、約80%が水だとされています。

詳しく説明していくと、生命の最小単位は細胞です。その細胞は、たんぱく質、核酸、糖質など生体高分子と呼ばれるもの、さらに脂質やさまざまなイオンが複雑な構造で組み合わされています。その要素を結び付けているのが水になるのです。水と言っても普段見るような感じではなく、ドロドロとしたゼリー状をしています。

目に見えないほど小さい細胞の中で、水様分子が絶え間なく動き回り、生命を支えているのです。

細胞によっては異なりますが、全体の70%が水というのもあります。つまり水の中にたんぱく質、核酸、糖質などが浮かんでいてそれらを細胞膜という皮膚で覆ったものが細胞と言うわけです。

また、魚は75%、りんごは85%、トマトは90%、くらげにいたっては96%が水分です。また、人体の血液は90%が水ですし、脳も80%は水です。そう考えると、生物にとって水の大切さがわかるでしょう。


の使い方〜人体内部〜

人間の体液の構造は『海水』に極めて近い性質をしています。ここの細胞が住みやすいように、ナトリウムやカリウム、マグネシウムにカルシウム、塩素といった成分が常に一定のバランスに保つように調整を行われています。この調整のことはホメオスターシスと言います。

先ほど説明したように人体の60%は水です。水の比重は1なので、体重の60%は水と言うことになります。そのうちの45%は細胞の中にあり、残りの15%が血液、リンパ液などに使われています。この細胞内液と細胞外液をあわせて体液と呼び、生命の維持、活動に重要な役割を担っています。

の必要量

体の活動を維持するために人は耐えず水を摂取、排泄、循環させる必要があります。この水の循環がストップすると、生命活動も同じように、ストップしてしまいます。

人間の体内からの水分の排泄量は静かに横たわっている成人男性で1日に2300mlです。もちろん、暑いときや運動したときなどは汗が出るのでそれ以上になります。その内訳は、

・排泄に使われるのが1400ml
・不感蒸泄が900ml

といわれています。不感蒸泄とは呼気などに含まれる水蒸気として外に吐き出したり、感知できない程度に分泌される汗などです。

これだけの量が毎日排泄されるので、これに等しいだけの水分の補給が必要となります。排泄された水分はただちに補う必要があります。水分は食物にも含まれているので1日に必要な最低限の水分量は

・飲料水が1200ml
・食物が800ml
・代謝物が300ml

とされています。代謝物とは体内でたんぱく質や炭水化物、志望などが分解されたときに排出される水分を言います。

水不足になると俗に言う、ドロドロ血液のような粘りのある状態になります。こうした時に、心筋梗塞や脳梗塞といった血管が詰まる病気が起こりやすいのです。つまり、水を飲むことは健康を保つ上で非常に重要であると言えます。

Favorite

最終更新日:2016/12/27

 
インデックスへ
水の歴史へ
水のある生活へ
水の影響へ
水の味へ
水の美容効果へ
水の怒りへ
水の豆知識

リンク


リンク


リンク



Copyright (C) 水の○○. All Rights Reserved.