水の○○

 

の豆知識

のトラブル

水のトラブルと言っても、クラ○アンのことではありません。というかあれは水道のトラブルですね(♪水道トラブル5000円、暮らし安心クラ○アン)。

それはさておき、水のトラブルは水道法の改正によりかなり少なくなってはきてます。たとえばマンションの場合は受水槽方式(屋上などにある水タンクに水を送り、そこから各家庭へと水を送る方式)から給水直結方式(配水管からの圧力で直接、各家庭へ水を送る方式)を採用するようにと行政指導もありますし、受水層方式であってもマンション内の蛇口も水質検査するようになりました。

蛇口の線についてもゴムパッキンからセラミック方式に変わり、水が垂れるようなことがなくなりました。昔から建っているビルやマンションにおいては少なからず給水官の寿命がかかわってきますので、赤水などが発生したら、配管の検査をしてみてください。

水のトラブルは意外な所から起こります。台風や強風の時期に高架水槽のふたが飛ばされたため、あいたマンホールに鳥が水を飲みに水槽内に入って溺死することや小動物の転落による溺死、太陽の直射日光によるバクテリアの繁殖で水質が汚染されることがあります。

また、断水時に蛇口の開けっ放しは危険です。庭にある蛇口にはホースがついていてその下にはバケツに水が溜まっていたとします。そのとき偶然にも断水があって隣家でじゃぐちをあけたところバケツの水を吸い込んでしまい、その蛇口から出てきてしまった事例です。

これは隣家の地面が低かったためサイホンの原理(ホースが高いところの水を一度吸い上げて、低いところに流す仕組み)によりバケツの水を吸い込み隣家に流れ込む現象だとわかりました。

水のトラブルはこういった偶然や設備、災害からも起こることがあります。日ごろからの点検や管理がこういったトラブルを最小限にしてくれます。

の節水効果

今、節水シャワーや節水洗濯機、節水蛇口などを知っていますか?これらは手軽に節水できるので、水道料金が浮くので一部で広まっているそうです。でも、水道料金てどれくらいなのかわからないと言う人に教えましょう。場所やサービスによって違いますが、1Lだいたい0.24円です。

だからと言って馬鹿にしないでください。たとえば節水シャワーなどを使って水が半分ですむとします。毎日使う水道料が300Lだとしたら、300×0.24=72円、節水シャワーを使ったほうは、半分の36円これが一日の代金です。これが一年だとすると、72×30×12=2592円、節水シャワーなら1296円です。これが10年続くと1万円近く変わってきます。

また水の使用量は高層ビル、大きな病院、ホテル、官庁や企業での水使用量は日ごとに増加していってます。これらの全てに節水シャワーをつけるとどれだけのお金が浮いて、節約できるか試してみたいものです。

の○○サイトの知識

このサイトのタイトルや↑サブタイトルはすべて水の・・・で始まっているのに気づきましたか?このサイトの名前が浮かばなかったので水の○○にしていたんだけど、このことに気づいて、『ならこのままがいいじゃん』と思ったんです。いや、別にだから何だと言われても・・・。

check

小学館
http://www.shogakukan.co.jp/
iphone 修理
http://www.castle-iphone.com/

2015/1/7 更新

 
インデックスへ
水の歴史へ
水のある生活へ
水の影響へ
水の味へ
水の美容効果へ
水の怒りへ
水の豆知識

リンク


リンク


リンク



Copyright (C) 水の○○. All Rights Reserved.